小市民の投資術 日本株と米国株
FC2ブログ

日本株と米国株

私は日本に住む日本人なので、日本株に投資するのが
一般的な考え方だとは思いますが、実は米国株にも
投資しています。
なぜ米国株なのかというと、なんといっても高い
リターンが期待できるだけの実績があるからです。


米国株への期待と日本株への不安

過去150年間で530倍というのは気の長すぎる話では
ありますが、ITバブルやリーマンショック前の
サブプライムローンバブルの頃と比べても、倍近い
水準まで上昇しています。

一方日本株は、平成初頭にピークをつけて以来30年間
鳴かず飛ばず。
アベノミクスで株価が上昇したといわれていますが、
それでもリーマンショック前と同水準に留まっています。


日米分散は必要か

実際私は、100%米国株でもいいかもしれないと
思っています。

投資の基本は分散なのですが、今や世界中の株価が
米国株の影響を強く受ける時代です。
日本株も例外ではありません。

外国株投資には為替変動のリスクがあります。
これは日本株にはない要素のひとつです。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
現在の日本の株価は、外国の機関投資家の影響下に
あります。
円安になると彼らから見て株価が割安となり買いが
増えます。
逆に円高になると割高となり買いが減ります。
つまり、日本株においても為替変動のリスクは無視
できないのです。

結局、日本株と米国株の両方を持っていても、
分散効果は十分とはいえないのです。


日本株は不要?

では、なぜ私は日本株を持っているのか。
結論から言えば、「興味本位でつい・・・」です。
得られる情報量で比べると、米国株よりも日本株の
ほうが圧倒的に多いのです。
「投資は自分のわかる範囲でしかやらない」という
原則に従うなら、日本株で運用するのも合理的な
判断のひとつかもしれません。

また、過去の実績が未来を保証するものではない
というのも投資の基本です。
短期的にはともかく、長期的にみると大化けしない
とも限りません。

何があるかわからないのが投資の世界なのです。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

ぽちっとな


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

半覚斎

Author:半覚斎
50代男性サラリーマン。
FX等による投機に失敗し、
書籍「大富豪の投資術」で
長期投資に目覚める。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
アクセスランキング
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

ぽちっとな
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR